老朽化した玄関と廊下のフローリング 張り替えリフォーム

老朽化した玄関と廊下のフローリング 張り替えリフォーム(内装リフォーム)

施工のポイント

経年劣化により柔らかくなってしまった、玄関と廊下の床フローリングを補修・張り替えます。

施工例写真

  • 【工事前】
既存の床です。
一見、きれいで補修が必要ではないように見えますが、踏むと柔らかくなっている
ところがあります。

    【工事前】
    既存の床です。
    一見、きれいで補修が必要ではないように見えますが、踏むと柔らかくなっている
    ところがあります。
  • そちらを補修してから、
新しいフローリングを張っていきます。

    そちらを補修してから、
    新しいフローリングを張っていきます。
  • 【工事中】
まず、フローリングの柔らかくなった部分を切り取ります。

    【工事中】
    まず、フローリングの柔らかくなった部分を切り取ります。
  • 切り取りが終わったら、その空いた部分を合板で補強します。

    切り取りが終わったら、その空いた部分を合板で補強します。
  • 穴の補修が終わったら、上からもう一枚下地用の合板を敷き詰めていきます。

    穴の補修が終わったら、上からもう一枚下地用の合板を敷き詰めていきます。
  • 框も新しいものに張り替えました。

    框も新しいものに張り替えました。
  • 下地材を張り終えたら、いよいよ新しい
フローリングを張っていきます。

    下地材を張り終えたら、いよいよ新しい
    フローリングを張っていきます。
  • 元は、落ち着いたブラウンのフローリングでしたが、玄関を明るくしたいという
お客様のご要望で、明るい色をセレクト
しました。

    元は、落ち着いたブラウンのフローリングでしたが、玄関を明るくしたいという
    お客様のご要望で、明るい色をセレクト
    しました。
  • 【工事後】
フローリングを補修・張り替えが
完了しました。

    【工事後】
    フローリングを補修・張り替えが
    完了しました。
  • 今回の工事には、
リフォーム用フローリングを
使用しています。
リフォーム用フローリングは、既存床を
はがさず上から張るだけですので、費用も時間も節約できます。

    今回の工事には、
    リフォーム用フローリングを
    使用しています。
    リフォーム用フローリングは、既存床を
    はがさず上から張るだけですので、費用も時間も節約できます。